お口のトラブルを予防することの大切さ

歯科健診を無料で行ってくれる制度

健診とは健康診断を略したもののことで、治療が必要かどうかの健康状態を確認するために行うものです。
これに対して歯科検診のような検診は、読み方は同じですが目的とする部位の特定の病気を見つけだすために行う検査のことだというとイメージしやすいでしょう。

無料の歯科検診は、誰もが受けられるというわけではありません。
特定の健康保険組合に加入している人やその家族を対象にして行われている場合があるのですが、その場合は医療機関を自由に選ぶことはできません。
無料で歯科検診を受けるためには提携している歯科医院の中から選ぶことになり、選んだからといって歯科医院に直接連絡することもできないのです。
歯科検診センターを通じて予約を入れなければ無料にはならないので、その点が煩わしいと感じてしまう人もいるかもしれませんね。

自治体が行っている歯科検診

厚生労働省によって推進されている8020運動は80歳になっても20本以上の自分の歯を残そうという活動ですが、そのことを受けて自治体によっては年齢や回数などの条件をつけた上で歯科検診を無料にするという取り組みがされているようです。

たとえば妊娠中の女性はホルモンの影響を受けたり、体調の変化によって十分な歯のケアができないということから口内環境が悪化する傾向にあると言われています。
そんな妊婦さんの歯を守る為に、自治体によっては妊娠中の女性に限り無料で受けられる歯科検診行っているというところもあります。
この場合には母子手帳についている無料券などが必要になるようです。
ただしこの場合も指定された歯科医院でないと無料にはならないといいますので注意が必要です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る